2016年10月28日

ラドン数値を考える時

ラドンについてのお問い合わせが増えましたので、お答えいたします
ラドン数値について、間違った見方をしていませんか?
いろんな販売会社があり、様々な測定表示を掲載しているのですが
ほとんどが空気中のラドン濃度です。

なぜかというと、空気中のラドン濃度は安価な計測器でも測定できますが
水中のラドン濃度を計測するには高額な専門測定器でないと計測できません。

お風呂を温泉仕様にしたい、ラドン風呂にしたい、玉川温泉に近づけたい
そんなご希望に添うにはお湯のラドンの測定をしないと意味がありません
空気中で計測したラドンの数値は高くても、実際にその鉱石をお湯に入れたとき
ラドンがどの程度お湯に溶け込んでいるかは計測しないと分かりません


三和石材店のホルミシス用鉱石だって空気中のラドン数値のみ計測すれば高い数値になります
ですからたとえば療養鉱石として有名で高額な鉱石(名前は伏せますが。。)のほうが優れているようなイメージをお持ちの方はもう一度考えてみていただきたい。。。と思います。鉱石を入れたときの水中ラドンの数値を公表しているところはありましたか?

水中ラドン数値を専門機関で測定したものでなければお湯を温泉仕様に出来る確証はありません。
三和石材店には計測証明があります。


次はラドンについて   222と226について記載しますね
posted by 三和石材店 at 11:08| Comment(0) | ホルミシス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: